【小顔になりたい方必見】ボトックスで顔のサイズダウンを実現

ボトックスの効果は続くか

女性

ボトックスのデメリット

ボトックスは体の負担が少なく済む施術方法ですが、デメリットがあるわけではありません。施術を受ける際はメリットだけではなくデメリットも理解した上で施術に臨む事が大切です。施術を受ける前に、ボトックスのデメリットも知っておきましょう。まず、ボトックスのデメリットとして挙げられるのが、効果が長く続くわけではない点です。ボトックスは筋肉の動きを弱める働きがありますが、ボトックスの成分が切れると効果も消えてしまいます。小顔整形としてボトックスをエラに注入した場合でも、成分が無くなるにつれてエラが徐々に張るようになってきます。足にボトックスを注入している場合、足の太さが少しずつ戻ってきます。すぐに元の状態に戻るわけではなく自然に戻っていくので、周りに違和感を持たれる事はほとんどありません。ですが、効果はいずれ消えてしまうというのがデメリットとなります。持続する期間は半年から1年がほとんどです。人によっては1年以上持つ場合もありますが、いずれも効果は永遠ではありません。ボトックスの効果を半永久的に持たせるには、継続してボトックスを注入し続ける必要があります。この事から、コストが自ずとかかってしまうのでコストパフォーマンスが気になるというのもデメリットです。ただ、1度にかかる費用は他の美容整形に比べて低く、体にかかる負担も少ないです。効果がいずれ消えていく事から、万が一ボトックスの注入量を誤り表情筋のバランスが崩れてもやがて症状が収まるという事にも繋がります。定期的なボトックスの注入が必要ではありますが、体に負担をかけたくない、1度の施術費用は安く済ませたい、美容整形は初めてといった方におすすめ出来ます。

過剰なボトックスの注入は厳禁

ボトックスは一定の期間を過ぎると効果が切れてしまいます。そこから再度ボトックスを注入する事は問題ありませんが、あまりに期間が短い中ボトックスを注入するとが逆効果です。「もっと小顔になりたい」「もっと足を細くしたい」と焦り、1度目の施術から半年も経たないうちにボトックスを注入すると逆に体が腫れたりむくむ可能性があります。顔へのボトックスだと、表情筋がひきつりアンバランスな表情になるリスクも。期間を短くした、過剰なボトックスの注入は厳禁です。ボトックスの効果を保つ期間は人それぞれですから、「そろそろ注入したほうが良いかな?」と感じたら、かかりつけの美容整形クリニックに相談しましょう。ドクターが状態を把握し、注入すべきタイミングを見極めるでしょう。

Copyright© 2019 【小顔になりたい方必見】ボトックスで顔のサイズダウンを実現 All Rights Reserved.